当院の治療方法

手技療法
手で行う治療はあらゆる治療のなかで最も大切で効果のある治療方法です。
「手当て」とは手を患部に触れることからきており、整骨院で行う治療法の基本となるものです。
患部の状態に合わせた手技療法(マッサージ)を行います。
テーピング
本来、テーピングはケガをしないための予防のために使われていたものですが、今はケガをした後の固定や補助のために使われることも多くなっています。

ホワイトテープ
このテープは伸び縮みが無いため捻挫(ねんざ)などをした後に関節の固定に使われることが多いです。
キネシオテープ
伸縮性があるので筋肉の補助として使われることが多く、又、ホワイトテープよりは固定力は弱くなりますが、スポーツをする時にあらゆる部位に使われるテーピングです。

SSP治療器
針治療と同様の効果が得られるとして開発された電気治療の一種です。
体のツボにかけると効果が高く、少しチクチクと刺す感の強い電気ですが、痛みを取る効果が非常に高い電気治療器です。
低周波治療器
一番ポピュラーな電気治療器として知られています。
体のあらゆる部分にかけることが可能な電気治療器で、痛みを取る効果に、筋肉などにかけての運動効果も高いです。
干渉波治療器
異なる周波の中周波をクロスさせて流すことにより、体内で低周波を発生させるという電気治療器です。
直径7cmほどの吸盤で空気を吸いながら電気を流すので、マッサージをされているような感の強い治療器です。
超音波水治療法
約40℃のお湯の中にマイクロ振動波を流し、水圧がかかるので、マッサージ効果や温熱効果により血液の循環がよくなります。
当院には手と足用の2つの治療器があります。
光線療法(温熱療法)
当院には極超短波(マイクロ波)・遠赤外線・近赤外線の3つで、患部の温熱をします。
炎症が強いうちは温熱療法はできませんが、ある程度落ちついてくると温めることにより血液の循環をよくし、自然治癒力を高め患部の組織の活性化を促進させます。
光線療法(スーパーライザー)
機器本体は近赤外線で、色々なレンズユニットでスポット状に照射できるため体の奥深くまで温熱を与えることが可能な優れた治療器です。
病院やペインクリニックなどでも広く使用されており、この治療器の効果は増々期待されています。
当院では、くび・かた・こしの筋硬直、神経痛、五十肩など多くの傷病に使用しています。